フード連合から産業政策の申し入れを受ける

 〜 フード連合第20回定期大会の活動方針を聴く 〜

2021.10.5

2021年10月5日(火)、日本食品関連産業労働組合総連合会(略:フード連合)の千葉淳一・事務局長及び岡 和希・産業政策局長から、先月開催された第20回定期大会の活動方針をお聴きし、「食の安全・安心」「公正な取引関係の構築」「公平・公正な税制改革」「環境・食育」「食料の安定供給」「食品物流」の6政策と業種別部会政策の申し入れを受けました。

なお、水産冷食部会の中に、2021年6月3日(木)の総務委員会で取り上げた「労働基準法41条の改正等による養殖業に従事する労働者の環境整備」が謳われています。諸政策実現に向け引き続き連携を図ってまいります。

写真
このページのTOPへ